コンタクトレンズの選び方 その注意点とは?

とても便利でファッション性にも優れたコンタクトレンズは、今では多くの方々に愛用されています。では、そのコンタクトレンズを選ぶときの選び方で注意しなければならない点とは何でしょうか? 初めてコンタクトレンズを使う時には、ほとんどの方が眼科やショップで度数を計ることと思います。その後、コンタクトレンズを購入することになるのですが、コンタクトレンズは購入の際に、形はさまざまですが専用の容器に入っています。その容器にはアルファベットと数字が書かれています。度数については「D」と表記されているのが一般的ですが、ショップによっては別のアルファベットで表記していることもあります。そのような時は、「+」や「-」と表記されている個所を見れば、度数が表記された箇所だと解ります。 次に度数の読み方ですが、度数は「0」の数字を中心において、遠視用は「+側」に、近視用は「-側」となります。コンタクトレンズの度数の表示は、最大値を「20」に設定している場合が多いのが通常です。当然のことながら、コンタクトレンズの度数が増えれば、レンズの厚みも増えることになります。 このように、コンタクトレンズの選び方については、記号と数字で表記された度数が重要なポイントとなります。眼科医自分の度数(視力)やカーブなどのデータを確認しておけば、次にコンタクトレンズをネット通販などで購入する際にも便利です。